BERSA(ベルサ) by Stig Lindberg

7bercup2

 

 

北欧テーブルウェアのアイコン的デザイン、 Stig LindbergのBERSA(ベルサ)。

現在でも復刻盤が製造されていて 発売から50年経った今なお 人気です。

うちでもたくさん扱ってきましたので 扱えば扱うほど その人気に納得します。

1berbut2

 

 

 

白磁にグリーンの葉と 比較的シンプルな色合いのデザインは

上品でもあり、ナチュラルな優しさもあり 決してお安くはないですが

ちょっと贅沢な日の食卓、日常のホッとひといきに 扱える範囲の

テーブルウェア。そして収納するのはもったいない、 飾るだけでも 素敵なインテリアに♪

 

1berbowl2

 

 

204bersap5

上のスタンプは初期の段階。

そんなBERSAベルサは、謎が多いデザインで 製造段階においても

数々の噂やマニア心をくすぐる話があります。

16berscs14

VDN F555表記は後期に使用されたスタンプで、高品質を証明するもので

食洗機対応や硬質な磁器であることを示しています。

現在のGustafsbergで復刻しているベルサは 転写フィルムによる絵付けなので

食洗機対応ですが、70年代のものはOKといっても剥がれロスしやすくなっているので

手洗いがお薦めです。初期の製品はなおさら、絶対手洗いです。

 

このようにグリーン一色という

印刷ミスのようなスタンプも。

最初はこのスタンプだったのかな?プロトタイプかな!?

真相はわかりません。

1bersqpm6

 

また現在復刻している ベルサやアダム、スピーサは同じ場所、

グスタフスベリ製陶所で製造されていますが正確にいいますと、ブランドが違います。

現行品は「 Gustafsberg」で オリジナルは「 Gustavsberg 」です。

1gustafsberglogo

この「f」と「v」の違いは、権利・製造を引き継いだ経営者が

当時のオリジナル製品に敬意をしめし!?同じものを使わなかったとか?

権利料の問題だとか?!いろいろ話はありますが

いずれにしても今でも 同じ煉瓦作りの工場内で作られます。

 

1gustav