月別アーカイブ: 2017年3月

mature ha. ボックスハット 2017春夏。

1topmatu

[ mature ha. / マチュアーハ ]

神戸発の国内ブランド “mature ha.(マチュアーハ)。自然な折りシワが魅力なボックスハットを生み出したのは、デザイナーの高田ご夫妻。折りたたんで収納できるシャツのように、そして何より自然なかぶり心地、自然な折りシワをめざし こだわりにこだわりぬいて出来上がったのがこのボックスハット。手に取った瞬間から その作りの良さを実感して頂けます。もちろん、かぶり心地は自然に頭を包み込んでくれるような優しさです。

2017年times(タイムズ)では、代表的なデザインである つば広で蝶リボンがアクセントのNo.101、そして“同じタイプで蝶リボンなし”をお願いしました。また新作で リボンの細いタイプNo.401とNo.405、ベースがナチュラルラフィアで ちょっとエレガントな感じです。どちらのデザインも国内で帽子職人さんにより丁寧に仕上げられた逸品、収納する箱にまで作り手の息が感じられます。

101bhtbk51

【 モデル : ボックスハット 101 価格 18,500円 (19,980円税込)】 ※蝶リボンあり、なしも同価格です。

[ サイズ ] 内寸:約57.0cm  高さ: 約15.0cm  ツバ:約12cm

[ 素材 ] 特殊繊維(ペーパー)82%、ポリエステル18%、リボン 綿100%

101.ブラック蝶リボン   101.ブラック蝶リボンなし   101.ネイビー蝶リボンなし

times(タイムズ)では、定番のNo.101に ちょっとだけ手を加えて頂き グログランリボンの“蝶リボンなし”も作って頂きました。 デザイナーさんやお客様とお話していると 「リボンは可愛いけどちょっと・・・」と言う意見があり、また親方(奥)は「お気に入りのピンバッチやコケード(リボン)を付けるには どうしてもリボンがうるさくなってしまう・・・」

1topmatu21

それぞれのお気に入りアレンジも 素敵で楽しいです。リボンありもなしも どちらもお好みでどうぞ♪

101bhr51

大きめな つば広は、すっぽり肌を覆ってくれるから日焼け対策もバッチリ!そしてどんなお肌の色にも馴染みやすいミックスブラウンベース。また収納に便利で、持ち運びもラクちん。バッグに収まるから外出先や旅行の時も大変たすかります。自然な折りシワは、いつでも再生して型崩れしないからスタイリングはスグに決まります。女性らしい蝶リボン、少しボーイッシュで大人っぽく だけどしっかり陽射しからお肌を守る蝶リボンなし、お好みでお選び下さいませ。

 

【 No.401とNo.405 】

IMG_8895

ナチュラルラフィアを使用し つばの大きさは大きいままに 少しエレガントに仕上げたNo.401と 同じラフィアを使ってツバを少し小さくしたNo.405。細いリボンとナチュラルなラフィアのベースが優しくも大人っぽくなりました。

[ モデル : ボックスハット No.401 価格 20,500円 (22,140円税込)]

[ サイズ ] 内寸:約57.0cm  高さ: 約15.0cm  ツバ:約12cm

[ カラー ]ナチュラル×ブラック [ 素材 ] ラフィア80%、ポリエステル20%、リボン 綿100%

401bh51

 

[ モデル : ボックスハット No.405 価格 18,000円 (19,440円税込)]

405bh51

[ サイズ ] 内寸:約57.0cm  高さ: 約15.0cm  ツバ:約7cm [ カラー ] ナチュラル×ブラック

[ 素材 ] ラフィア80%、ポリエステル20%、リボン 綿100%

 

105matu111

BERSA(ベルサ) by Stig Lindberg

7bercup2

 

 

北欧テーブルウェアのアイコン的デザイン、 Stig LindbergのBERSA(ベルサ)。

現在でも復刻盤が製造されていて 発売から50年経った今なお 人気です。

うちでもたくさん扱ってきましたので 扱えば扱うほど その人気に納得します。

1berbut2

 

 

 

白磁にグリーンの葉と 比較的シンプルな色合いのデザインは

上品でもあり、ナチュラルな優しさもあり 決してお安くはないですが

ちょっと贅沢な日の食卓、日常のホッとひといきに 扱える範囲の

テーブルウェア。そして収納するのはもったいない、 飾るだけでも 素敵なインテリアに♪

 

1berbowl2

 

 

204bersap5

上のスタンプは初期の段階。

そんなBERSAベルサは、謎が多いデザインで 製造段階においても

数々の噂やマニア心をくすぐる話があります。

16berscs14

VDN F555表記は後期に使用されたスタンプで、高品質を証明するもので

食洗機対応や硬質な磁器であることを示しています。

現在のGustafsbergで復刻しているベルサは 転写フィルムによる絵付けなので

食洗機対応ですが、70年代のものはOKといっても剥がれロスしやすくなっているので

手洗いがお薦めです。初期の製品はなおさら、絶対手洗いです。

 

このようにグリーン一色という

印刷ミスのようなスタンプも。

最初はこのスタンプだったのかな?プロトタイプかな!?

真相はわかりません。

1bersqpm6

 

また現在復刻している ベルサやアダム、スピーサは同じ場所、

グスタフスベリ製陶所で製造されていますが正確にいいますと、ブランドが違います。

現行品は「 Gustafsberg」で オリジナルは「 Gustavsberg 」です。

1gustafsberglogo

この「f」と「v」の違いは、権利・製造を引き継いだ経営者が

当時のオリジナル製品に敬意をしめし!?同じものを使わなかったとか?

権利料の問題だとか?!いろいろ話はありますが

いずれにしても今でも 同じ煉瓦作りの工場内で作られます。

 

1gustav